VS COVID-19アイディアボックスとは

新型コロナウイルス感染症に対するデジタル・テクノロジを活用したアイディアを集め、よりよい社会モデルを実現する為に「VS COVID-19アイディアボックス」を開設しました。

国民からの意見収集プロジェクト(シビックテック・プロジェクト)

Code for Japan主催で国民とのアイディア意見交換サイトを5月13日から6月5日まで3週間開催をします。

<VS COVID-19アイディアボックスとは>

新型コロナウイルス感染症により、外出を自粛し、自宅で過ごす時間が長くなっており、教育、働き方、企業活動の姿が大きく変わりつつあります。

新型コロナウイルス感染症対応で様々なアイディアや意見がネット上で交わされてるものの一過性のメッセージとして流れて行ってしまい、せっかくのアイディアを生かせていない現状があります。そこで本サイトは、皆様からのデジタル・テクノロジを活用したアイディアや意見をネット上で多様な参加者で議論して、そのアイディアの実現性や重要性について深めていくことを目的としています。もちろん議論することが重要ですが、その結果は、各自が自発的に取り組めるもの、企業や国が取り組んだ方が良いものなど様々な意見が集まってくると考えています。参加者が自分事としてその活用を考えるとともに、国や企業にもその検討結果を提案していく予定です。

そこで、本サイトではテクノロジーを使ったものを中心に、様々なアイディアや意見を議論していきたいと考えています。

みんなの英知を集めてこの難局を乗り切り、新しい社会モデルを作っていきましょう。

 

<アイディアボックスとは>

 アイディアボックスは、政策形成を国民全体で進めていくための方法です。参加者の方々が、自分の考えているアイディアを投稿し、ほかの参加者や行政関係者など多様なステークフォルダと対話をすることによりアイディアの実現性などを高めていきます。
 これまで、政府が自ら主催し、東日本大震災後に「節電」をテーマに実施する等、様々なテーマでアイディアボックスが13回行われてきました。
 
 アイディアボックスへの参加について
  • 参加者みんなでアイディアを出し合い、意見交換し、よいアイディアに磨いていきます。
    • 他人の意見を見て賛同するだけでも、立派な意見です。その投票結果が結果に反映されていきます。
  • アイディアボックスへの参加するための守るべきルール
    • アイディアには前向きに向き合いましょう。
    • 他人の中傷をしないようにしましょう
    • 個人情報を書き込まないでください。
 

<VS COVID-19アイディアボックス>

 2020年5月13日から6月5日まで、新型コロナウイルス感染症に関するアイディアボックスを開催します。今回は、一般社団法人Code for Japanが主催して議論を進めていきます。この取り組みは、政府の新型コロナウイルス感染症対策 テックチーム Anti-Covid-19 Tech Teamの、シビックテック・プロジェクトの一環として実施され、政府の職員も参加する予定です。

各種プロジェクトの中でのアイディアボックスの位置づけは以下の通りです。

 アイディアボックスの位置づけ

国のプロジェクトは重要かつ緊急性の高いものを緊急的に実施しており、少ない人数で集中的に取り組みが進められています。ゴールと実施者が明確なプロジェクトです。また、ベンチャー企業等からの政府向けピッチは、企業などから早期に実現できる実務的な提案を受けることで、政府の取り組みを補完する役割が期待されています。また、PMIPublic Meets Innovation)で行われている「新型コロナ危機をアップデート機会に変えるアイデア・募集プロジェクト」(https://note.com/pmi/n/nea7a25e6247b)ように官民が協力してアイディア募集するプロジェクトでは、構想まで考えたプロジェクト提案を広く募集し、その整理を行うとともに行政機関や企業への提案を行っています。

そうした中で、アイディアボックスは、まだ構想に至らないアイディアも含めて、様々な前向きなアイディアを参加者がネット上で議論をしながら検討を深めていく仕組みです。

このような様々な手段を使い国民全体でアイディアを集め、実現可能性の高いアイディアやニーズの大きなアイディアに関して、エスカレーションして具体化を図っていくことを考えています。

 

自分ではアイディアを投稿しなくてもアイディアに対する賛成や反対の投票だけでも参加できますので、皆さん、是非、ご参加ください。

テックチーム資料

第2回 新型コロナウイルス感染症対策 テックチーム Anti-Covid-19 Tech Team 開催

https://cio.go.jp/node/2602

資料1 テックチーム現在進行中のプロジェクト一覧

https://cio.go.jp/node/2602

6.シビックテックによるアイディア収集・課題解決

・民間有志のエンジニアによるチームとして、新型コロナ対策で寄せられる 要望やニーズを一覧化、AI分析等のコア技術を活用した課題解決のプロジ ェクトを組成。

<参考:これまでのアイディアボックスの成果について>

 このようなプロジェクトでは、提案されているアイディアの実現度合いが問われます。これまで13回実施してきましたが、トップ10に入ったアイディアのうちの3割くらいは何らかの改善が図られています。もちろん、難しい課題もあり、何回もご意見をいただいているのに解決できていない課題もたくさんありますが、継続的の取り組みを進めていますし、ここでの意見を基に解決してきた結果の方に着目していただけると嬉しいです。

 前回までのアイディアボックスでは、「外字の廃止」「手続きや支援制度の情報の公開」、「WebAPIの整備」などが提案され、少しづつですが実現をしてきています。また、「押印の見直し」など、政府内の議論のテーマとして、また、ワークショップの議論のテーマとして有効に活用させていただいています。

実施期間

2020年5月13日(水)~2020年年6月5日(金)

アイディア募集テーマ

  1. 感染予防や拡大防止
  2. 外出自粛への対応
  3. 育児や教育
  4. 働き方や企業活動
  5. 健康・医療や介護
  6. 流通・代替品
  7. 流行終息にむけて
  8. その他

運営事業者

運営主体

開発運用サポート