接触確認アプリの普及方法@00013


コメント数
1
評価P
4
  

GoogleとAppleが提供する接触情報を使ってトレーシングするアプリを、これから厚生労働省が作りますが、どのように普及させるかが鍵となっています。
5/13にCode for Japanが開いた接触確認アプリ勉強会で、宮田先生が医療・介護施設や、企業・学校内など、限られた中であっても、アプリ利用者が増えれば効果があるとおっしゃっていました。

そこで提案です。SUICAやPASMOなど交通系アプリを利用する場合、接触確認アプリの利用を必須にすれば、通勤電車など感染リスクがありそうな場所での接触のトレーシングができるのではないでしょうか。
鉄道利用者の不安軽減につながりますし、鉄道会社にとっても、利用促進のために有効ではないかと思います。

このアイディアにコメント

あなたの立場を選んで下さい
4票役に立つ 0票ふつう 0票そうでもない

投票は締め切られました

100%
投票総数: 4
 
コメント表示件数
1ページ目を表示中
1

このアイディアに対するコメント(1)

平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

基本的に賛成なのですが、必須にすると出社の際に、
改札に入れなくて混乱したり、駅員さんがサポートに追われそうな気がしました。
そういう意味では、事前周知を徹底しないと、別の問題が発生しそうな気がします。

ただ必須にしないと利用率が上がらないので、やるつもりで進めるなら、
このくらいやって、やり切るべきなのかもしれないですね。

by たかさんさん (賛成)
2020/05/17 06:04投稿
1ページ目を表示中
1


投票したユーザ