tsubuteさん

3密測定器@00018


コメント数
3
評価P
3
  

室内の3密度合いを、AIカメラで測定するというアイデア。
部屋の面積、出入り人数、人口密度、換気の有無、マスクの有無、滞在時間などを、AIカメラ、換気測定センサー、設定値などから判断。
濃厚、中濃、低度などを区別。退室時に入室時からのタイムラインを、レシートのように受け取る事で、感染リスクをライフログのように管理できるというもの。

接触アプリが、アプリ利用者に限定されるのに対し、こちらは施設側にその機能を持たせるというアイデア。ただし、感染者を遡ってトレースするというよりは、濃密状態の発生を極力減らすというコンセプト。

このアイディアにコメント

あなたの立場を選んで下さい
3票役に立つ 0票ふつう 0票そうでもない

投票は締め切られました

100%
投票総数: 3
 
コメント表示件数
1ページ目を表示中
1

このアイディアに対するコメント(3)

平均評価:5 / 5 総投票数:1 (評価済み)

ご意見ありがとうございます。
人の接触に着目するのではなく、室内の3密を測定するのは面白いですね。
今、コロナ対策サイト(https://corona.go.jp/)で、人口密度を見えるようにしています。
街の人口、人と人の間の接触だけでなく、その中間的なところで濃厚接触を減らすという、間を埋めるサービスですね。
参考にさせていただきます。

by 経済産業省アイディアボックス事務局さん
2020/05/14 02:06投稿
平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

低コストで多数の施設に導入できて地図上から検索できると便利そうですね

by konnyさん (賛成)
2020/05/14 19:21投稿
平均評価:5 / 5 総投票数:1 (評価済み)

例えば人が1m以上離れていることはカメラと人を認識する
動画の分類器があればできますから、シンプルに実装できそうです。
100%出来なかったとしても、人の距離が1m以上空いてれば、
この店舗は今大丈夫だと地図上で発信できる仕組みがあれば、
店舗側も導入したくなるかもしれませんね。

by たかさんさん (賛成)
2020/05/17 07:17投稿
1ページ目を表示中
1


投票したユーザ