Simbaさん

スマホを持たない人のコンタクトトレーシング@00019


コメント数
4
評価P
4
  

Code for Japanの勉強会ではコンタクトトレーシングで早期治療の指針や入国審査に役立つとのお話でした。そこでも話題に上りましたが、スマホを持たないお年寄りや子供はどうするか。
スマホのアプリでなくても、必要な情報の送受信ができる超小型端末のキーホルダーとか、ICカードとか、それこそ入国した外国人にもすぐに持たせられるような、物理的なツールを組み合わせて使うというのはどうでしょうか。

このアイディアにコメント

あなたの立場を選んで下さい
4票役に立つ 0票ふつう 0票そうでもない

投票は締め切られました

100%
投票総数: 4
 
コメント表示件数
1ページ目を表示中
1

このアイディアに対するコメント(4)

平均評価:5 / 5 総投票数:1 (評価済み)

個人情報の点では反論もあるかと思いますが、コロナに関わらず、認知症のお年寄りには携帯電話でなくとも、おっしゃるようなキーホルダーとか服に縫い付けられるようなGPS機器があるといいと思います。

by midopiさん
2020/05/14 12:14投稿
平均評価:5 / 5 総投票数:1 (評価済み)

#001 コメントありがとうございます。おっしゃる通り、コンタクトトレーシングに使う場合は個人情報の取り扱いが難しく、拒否反応もあるかと思いますが、重篤化しやすい年齢でもあり、それこそ一人に一つ配ればより正確な濃厚接触履歴が取りやすくなり、様々な判断のスピードアップにつながると思います。拒否の場合は配られても持ち歩かないという決断もできますが、どちらにしてもスマホアプリより全体のカバー率は増えるのではないかと。

by Simbaさん (賛成)
2020/05/14 19:49投稿
平均評価:4.5 / 5 総投票数:2 (評価済み)

ご意見ありがとうございます。
ご意見にある接触確認アプリは、大きく分けると、センターでデータを管理するセンター管理型とスマホの端末内にデータを持ち処理も端末アプリで行うローカル型があるのですが、日本はプライバシーにより配慮したローカル型で検討が進められています。
そのため、このアプリはスマホがないと利用できないのですが、接触確認アプリだけでなく、街の人口密度分析の公開など様々な感染拡大を防ぐ方法を検討しています。
キーホルダー型など、ご期待に沿えなくて申し訳ありませんが、できるところから取り組んでいますので、ご理解いただけましたら幸いです。

平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

#003 コメントありがとうございます。優先順位や全体構想などあると思いますので、アプリがリリースされることをお待ちしております。スマホを使わない世代のフォローについても何か良い方法があればと考えています。

by Simbaさん (賛成)
2020/05/17 11:48投稿
1ページ目を表示中
1


投票したユーザ