tsubuteさん

店舗の感染防止対策状況 口コミサービス@00022


コメント数
2
評価P
3
  

緊急事態宣言が解除され、店舗などの営業が再開されても、気になるのは使用する店舗や施設の感染対策状況。
店舗によるPRだけだと、対策状況がいまいちわかりにくい。
対策の一覧と、口コミによる客観的な感染対策状況、業種別リスクをベースに、
得点化し、危険度が直感的に認識できるようになると良いと思う。
大手の店舗レビューサイトが対応するか、専用アプリができれば、気になる人が利用できると思う。

このアイディアにコメント

あなたの立場を選んで下さい
3票役に立つ 1票ふつう 0票そうでもない

投票は締め切られました

75% 25%
投票総数: 4
 
コメント表示件数
1ページ目を表示中
1

このアイディアに対するコメント(2)

平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

評価基準に対する理解がきっちり出来ていれば数が集まれば口コミでも、
ある程度正確な状況報告は可能だと思うが、1店舗につき、
数十報告が集まらないと、制度に問題が出るように思います。
ライバル店舗への嫌がらせ投稿などがあった場合、
問題に発展することも多いように思うので、
単純に賛成は出来ないなと思いました。

by たかさんさん (中立)
2020/05/17 07:55投稿
平均評価:5 / 5 総投票数:1 (評価済み)

味の評価など主観的な口コミだと問題ありますが、「対策の一覧」を元にした「客観的な感染対策状況」なら一定の範囲で運用できると思います。

その際、仕様を統一基準として示せば、民間の複数の事業者でも相乗り可能となりますから、そこは官庁さんにお任せしたいところです。決める段階では、既に任意で基準作りに関わっている民間人も入れて欲しい&IPAの標準語彙や政府CIOポータルとも連携して。

また、危険を認識するというネガティブ運用よりは、安心を認識するポジティブ運用。口コミ=店舗に任せないという運用も「ズルを防止する」のではなく、「店舗さんは忙しいから、代わりにユーザーが手助けしてあげる」という共助の精神。そこからさらに共助を進め、最終的に大手サイトでは捕捉できない、地域の小さな個人店まで見てあげる。

このへんは地元密着で活動しているプレイヤーがたくさんいるので(私もその末席的)、シビックテッカーも交え、何らかのエコシステムが回ると発展的です。例えばアプリを作るならOSSでGithub、あるいはnocodeツールとして配布するなど。

by まつばらさん (賛成)
2020/06/06 02:29投稿
1ページ目を表示中
1


投票したユーザ