官と民の契約は電子署名で行うよう総務省から技術的助言を!@00058


コメント数
10
評価P
17
  

私の所属する自治体の会計室は、民間の契約にあたっては、会社の代表者名を記載して丸い実印、代表者印を押していない契約書は、地方自治法第232条の3に規定する支出負担行為として認めないと言っています。
同様に、請求書には契約書と同一となる会社の代表者名を記載して丸い実印、代表者印を押していなければ、地方自治法第232条の5に規定する債権者とは認めず、第232条の4に規定された支出負担行為に係る債務が確定しているとは認めない、金は払えない、と言っています。

国はもう電子調達をやっているところもあると聞きます。一番簡単な解決策は、総務省から電子署名に変えていきなさい、と、支出負担行為も債権者確認も電子署名でいいよ、と、地方自治法第245条の4の技術的助言を出してくれることです。

◆契約書、請求書への会社の代表者名を記載+丸い代表者印の押印⇒法務省民事局の商業登記電子証明や民間認証機関の電子証明による電子署名の利用
◆契約書への自治体側の首長名+首長印⇒地方公共団体組織認証基盤LGPKIによる職責証明による電子署名の利用


【地方自治法抜粋】
(技術的な助言及び勧告並びに資料の提出の要求)
第245条の4 
2 各大臣は、その担任する事務に関し、都道府県知事その他の都道府県の執行機関に対し、前項の規定による市町村に対する助言若しくは勧告又は資料の提出の求めに関し、必要な指示をすることができる。

(支出負担行為)
第232条の3 普通地方公共団体の支出の原因となるべき契約その他の行為(これを支出負担行為という。)は、法令又は予算の定めるところに従い、これをしなければならない。
(支出の方法)
第232条の4 会計管理者は、普通地方公共団体の長の政令で定めるところによる命令がなければ、支出をすることができない。
2 会計管理者は、前項の命令を受けた場合においても、当該支出負担行為が法令又は予算に違反していないこと及び当該支出負担行為に係る債務が確定していることを確認したうえでなければ、支出をすることができない。
第232条の5 普通地方公共団体の支出は、債権者のためでなければ、これをすることができない。

このアイディアにコメント

あなたの立場を選んで下さい
17票役に立つ 0票ふつう 0票そうでもない

投票は締め切られました

100%
投票総数: 17
 
コメント表示件数
1ページ目を表示中
1

このアイディアに対するコメント(10)

平均評価:5 / 5 総投票数:2 (評価済み)

総務省でも電子署名の普及活動をがんばっていますが、まだまだ足りないというご指摘、耳が痛いですね。
このように具体的なニーズをいただけると、どこに力を入れていくべきか、参考になると思います。関係部局にも伝えさせていただきます。

by 総務省アイディアボックス事務局さん
2020/05/20 16:26投稿
平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

赤いはんこと法人登記上の代表者名の記載、これがなければ会計監査も通らない、とも言われています。e文書法、電子文書保存法でOKとなってることが、なぜ地方公共団体や行政機関でダメなのか、意味が判りません。
脱はんこは、新しい生活様式の根幹に来るものなのに、役所が民間に押印を強要するのでは本末転倒です。どうか1日も早く、公契約への電子署名導入にかかる技術的助言をお願いします。

by ひのあさみさん (賛成)
2020/05/21 08:44投稿
平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

すいません。電子「文書」保存法ではなく、電子帳簿保存法です。
e-文書法、電子帳簿保存法とは、従来法令により書面(紙)での保存が義務付けられていた国税関係書類などの法定保存文書を、電子データで保存することを容認する法律です。 ICTの活用により書面や帳簿書類の保存にかかる負担を軽減して利便性の向上を図ることで、生活の向上や経済の発展に寄与することを目的としています。
民間に対して、財務省がOKしてるのに、マイナンバーと同様に法人にも法人番号が出来たのに、何よりLGPKIがあるのに、使わせないなんて、あり得ない事だと思ってます。

by ひのあさみさん (賛成)
2020/05/21 08:55投稿
平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

電子契約自体は地方自治法で認められている(法234条、則12条の4の2)と聞きましたが、肝心の電子署名にLGPKIが含まれていない(総務省関係法令に係る行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律施行規則第2条第2項各号)と聞いてズッコケました。「画竜点睛を欠く」とはこのことですね…。

by わかたまちゃんさん (賛成)
2020/05/21 10:16投稿
平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

静岡県が検討を進めてるようです
メンバーにお知り合いはおられませんか
https://www.pref.shizuo...u/ke-130/calshp/ec.html

by Fuyuhikosさん
2020/05/21 10:57投稿
平均評価:5 / 5 総投票数:2 (評価済み)

ご意見ありがとうございます。
押印や電子署名のあたりは、政府、地方公共団体、民間等の内部での扱い、官民等の壁を越えた取り組みなども含め、政府内の検討とともにCivicTechのチームとも事例や課題収集など集中的に検討を進めているところです。
非常に重要なご指摘ですので、連絡してよろしければ、ぜひ、意見交換をさせてください。

平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

#006 コメントありがとうございます。
すすめたい事業があるにも関わらず、この事が原因で止まっています。
ぜひぜひお話しさせてください。

by ひのあさみさん (賛成)
2020/05/26 19:56投稿
平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

私が所属する自治体においても電子入札を行う際は、J-LISが運営するLGPKIが発行す
る電子証明書を利用しています。
よって、電子契約においてもLGPKIが発行する電子証明書を利用することが合理的で
あり、支出時に会計管理者が行う支出負担行為の確認も電子契約書と電子請求書に付
された電子署名をシステム的に照合する処理方法に変更できれば、デジタル・ガバメ
ント実行計画に盛り込まれている「地方公共団体におけるAI・RPA等による業務効率
化」をより加速度的に推進できるかと思います。
ぜひ、ひのさんのアイディアを実現していただきたいです。

by Saitoさん (賛成)
2020/05/29 19:19投稿
平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

#006 私も連絡していただいてOKです。是非よろしくお願いします。

by わかたまちゃんさん (賛成)
2020/05/31 16:23投稿
平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

#009 はい、ありがとうございます。連絡させていただきます。

by 経済産業省アイディアボックス事務局さん
2020/06/02 23:17投稿
1ページ目を表示中
1


投票したユーザ