白米さん

母子家庭や医療者の子供支援@00075


コメント数
1
評価P
1
  

母子家庭の母親にとって、仕事したくても、子供を家に置いてしまうことは不安な事です。
コロナが流行した時は、宿泊施設が空室が多くなるとニュースで知りました。
 ・なのでその部屋を、保育あるいは、オンラインの学習場としてしてはどうかと思います。
  その際は、モニター等で子供の安全を監視でき、いざとなったら支援できる体制を作る。またそ
  のスタッフは、利用するホテルの従業員(仕事がないと予測)に協力してもらう。

 ・このシステムには、保育を断られた医療従事者あるいは、預けずらい、又は学校に行くことで
  差別を打受ける可能性のある学童も対象にする
 ・交通の問題も出てくると思うので、宿泊も可能とするのもいいかと思いました。

このアイディアにコメント

あなたの立場を選んで下さい
1票役に立つ 0票ふつう 0票そうでもない

投票は締め切られました

100%
投票総数: 1
 
コメント表示件数
1ページ目を表示中
1

このアイディアに対するコメント(1)

平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

ご指摘のように、困っている人と、それにこたえる可能性のある人や事業者とのマッチングは災害のたびに課題になっています。
マッチングはデジタル技術の得意とする領域でもあり、ボランティアや物資のマッチングなどは既に行われており、今回はシェアリングエコノミーのマッチングも行われたと聞いています。
事例収集なども含め、今後に向けて研究していきたいと思います。
ご意見ありがとうございました。

by 経済産業省アイディアボックス事務局さん
2020/06/02 23:40投稿
1ページ目を表示中
1


投票したユーザ