これを機にみんなで手話を使えるようになったらどうでしょう@00093


コメント数
4
評価P
4
  

飛沫感染を防ぐために、マスクやフェイスシールドをつけて授業などが実施されています。

教育現場などでは多人数に対して伝える事が多いので、どうしても大きな声を出したりたくさん話すことで飛沫が飛びやすくなります。

また、これから暑くなってくるためマスクやフェイスシールドの着用は辛くもなってきそうです。
マスクなどをしていると表情が見えにくいのでコミュニケーションレベルも下がるような気がします。

そこで、ノンバーバルなコミュニケーション手段として「手話」を覚えることを推奨してはどうでしょうか?

表情も見えるし、飛沫を飛ばさずに多人数に伝える事ができます。
それに機器や道具などのコストもかかりません。

コロナ後のほとんどの方が手話を使えるようになれば、今後のバリアフリーにも役立つことでしょう。
コロナを機に新しいことを勉強する機会も増えましたが、その一つに「手話」を加えるのも良いことだと思います。新しいスキルを身に付けられるのは気分的にもポジティブになると思います。

もちろん、コミュニケーション手段としては補助的なものでいいと思います。
楽しみながらみんなで「手話」という新しいスキルを身に付けられたら面白いのではないでしょうか。

このアイディアにコメント

あなたの立場を選んで下さい
5票役に立つ 1票ふつう 1票そうでもない

投票は締め切られました

71% 14% 15%
投票総数: 7
 
コメント表示件数
1ページ目を表示中
1

このアイディアに対するコメント(4)

平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

手話については世界共通なのかと思ってたんですけど、実は国によって手話の方言って違うんですよね。今は話をすれば自動的に文字おこしが出来る時代ですので、今後は手話よりも汎用的な字幕の利用が進むのではないかと思っています。字幕からの各国語翻訳ももちろんAIを利用すれば簡単です。
確かに手話だと飛沫は飛ばないのですが、個人的には手話よりLINEとかのチャットで会話する方がいいかなと思っています。

手話って世界共通ですか
https://kotobaken.jp/qa/yokuaru/qa-43/

by たかさんさん (中立)
2020/05/29 09:39投稿
平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

同じような事を思ってました。「ありがとう」や「大丈夫?」など1つでも覚えると使いたくなるし、使っている人への偏見が無くなると思います。又、マスクのせいで唇を読んで会話する事が難しい方々の助けにもなると思います。
小学生位だと遊び感覚で覚えられますし、知事の会見の横でやっている手話通訳なども興味深く見られると思う。これを機に海外の手話も挨拶位は出来ると更に楽しめそう!

by ちょこらさん (賛成)
2020/06/02 22:05投稿
平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

@00092 の音声入出力のご意見もありましたが、手話、テキストチャットなど様々な方法でコミュニケーションを多様化していきたいですね。
多言語化も含め、コミュニケーションの在り方についてさらに検討を深めてまいります。
ご意見ありがとうございました。

by 経済産業省アイディアボックス事務局さん
2020/06/02 23:29投稿
平均評価:4 / 5 総投票数:1 (評価済み)

コンビニやスーパーで買物をする時など「◯◯はいりますか?」程度であれば、うなずいたり、手を横に振るなどして意思疎通できますが、もうちょっと複雑な表現が必要な時に、手話が出来ると楽だなと思いました。お書きのように、大人数へのリアルタイムな伝達にも役立ちそうです。

とはいえ、一般的な会話までは大変ですが、よく使いそうな表現を10〜20個位なら覚えられそうです。

そういえば昔流行ったハンドサイン大喜利とか、そんな感じでしたよね…という意味では、手話というより「ハンドサイン」の方が通じやすいかも。実際、一枚の絵にまとめられる程度の数に絞り、その絵を見てみんな覚える。初級・中級・上級とか、あるいはシチュエーション別があってもOK。これらは、一言だけ瞬間的に伝える用。

そしてそれとは別に、会話以上の長さのものはテキストベースで、という使い分け。

by まつばらさん (賛成)
2020/06/06 03:13投稿
1ページ目を表示中
1


投票したユーザ