白松俊さん

外出制限によるメンタル不調を自分でケアするアプリ@00117


コメント数
2
評価P
3
  

在宅勤務によって健康を取り戻した人もいると思いますが、逆に外出自粛により孤立してメンタルに不調をきたしてしまった人もいるようです。これからしばらくはソーシャルディスタンスを保った生活が続くと思いますので、それに起因するメンタルの不調を防止する仕組みが求められると思っています。

そこで、自分の生活上のルーティーンを理解し、メンタルの状態をモニタリングするためのセルフケアアプリを開発したいと思っています。実は昨年から青年期発達障害の方をターゲットにそのようなアプリを(名工大の学生さんと)作りかけているのですが、この社会状況により、作りかけているセルフケアの仕組みが広く求められるような気がしています。

このアイディアにコメント

あなたの立場を選んで下さい
3票役に立つ 0票ふつう 0票そうでもない

投票は締め切られました

100%
投票総数: 3
 
コメント表示件数
1ページ目を表示中
1

このアイディアに対するコメント(2)

平均評価:5 / 5 総投票数:1 (評価済み)

白松様

とても良いアイデアでぜひ実現していただきたいと思います。
私は精神保健福祉士で日々メンタルケアに携わっていますが
このコロナ禍がもたらした影響は深刻なものだと感じています。
本人や家族など周りの人にとっても。。。

インドで開発されたwysaというアプリをシェアしたいと思います。
https://www.innovations...rg/meet-our-innovators/

試してみましたがチャットボットとカウンセラーとのマッチング
瞑想などのセルフケアのコンテンツがありとてもよくできていると感じました。
アメリカ在住カウンセラーとのビデオカウンセリングを提案されました。
日本語でこのようなアプリがあると支援のツールとして有効だと感じます。

大変な状況下ですが、学生の皆さんともどもお体ご自愛下さい。

by syeha_comさん (賛成)
2020/06/05 01:20投稿
平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

#001 コメントありがとうございます!
wysa、チェックしてみますね。参考になりそうです。
日本語の支援のツールとしてお使い頂けるように、開発頑張ります!

by 白松俊さん (賛成)
2020/06/05 18:11投稿
1ページ目を表示中
1


投票したユーザ