焼肉さん

地震などの災害と重なった場合の避難所の人混み対策@00120


コメント数
2
評価P
1
  

初めまして、焼肉と申します。
早速ですが、今のコロナ禍において、地震や台風などの災害が重なった場合避難所がクラスターの発生源になりかねません。
家が流された時などは電話なども使えませんし、伝言板などに人が集まるとやはり危険でしょう。また、県のホームページでは未だ古いネットワークの伝言板を使っていることが多く(例、岩手県https://www.pref.iwate....i/kokoroe/1004200.html)非常に使いづらくなっています。
そこで、なるべく人のいる所に集まらなくとも情報が集められるように電子伝言板を作ってはどうでしょうか?firebase で試した所非常に簡単に出来ました。
スクリーンショット↓
https://m.imgur.com/a/H0hYWvG
ソース↓
https://firebase.google.com/docs/samples?hl=ja
のfriendly chat
これは単純なチャットアプリですが、これでお年寄りの安否なども周りのサポートなどで家族が知ることが出来ると思います。ただ、このソースの場合検索機能がないなど改良点はあります。このソースやfirebase でなくとも良いのでなんらかの電子伝言板を自治体と協力して整備していくことを希望します。

このアイディアにコメント

あなたの立場を選んで下さい
1票役に立つ 0票ふつう 0票そうでもない

投票は締め切られました

100%
投票総数: 1
 
コメント表示件数
1ページ目を表示中
1

このアイディアに対するコメント(2)

平均評価:0 / 5 総投票数: (評価済み)

ご意見ありがとうございます。
ご指摘のように災害時の情報共有は非常に重要です。自治体によっては非常時用の軽量Webページを使ったりSNSを使うなどの工夫をしているところもあります。
自治体からの発信だけでなく、被災者からのニーズ収集も、避難所からのニーズ、SNSからの情報収集などに取り組んでいます。
伝言板については、パーソンファインダーや広報紙の一環で取り組んでいるところもありますが、まだ検討の余地がありますね。ご意見参考にさせていただきます。

平均評価:4 / 5 総投票数:1 (評価済み)

これ、色んな方法があると思ってて、かつ色んな方法に翻弄される事もあります(自分事)。ので、ある程度の共通化や共通基盤、運用&開発者コミュニティも大事かなと思います。コロナ対策サイトはGithubとslackで共有されてましたが、一般葬にはまだ敷居が高いです。
その辺りはモノによって二重運用もあり得ると思いますが、草の根ベースだとどうしても末端が散乱しがちですので、一定の仕切りや案内・チュートリアルやテンプレートを行政サイドないし、シビテク連携でやっていただく手はあるのかなと思います。
所謂nocodeアプリを準備していただく手もあるかなと。都の対策サイトはもちろん、今回のコロナで全国に草の根展開した弁当テイクアウトとか、まさにテンプレ力だった)

by まつばらさん
2020/06/05 22:01投稿
1ページ目を表示中
1


投票したユーザ