アイディアの問題報告

対象の内容

リモート署名の普及

かつて、電子署名と言えば、ICカードとカードリーダー使って行うものが主で、あまり普及しませんでした。しかし近年、クラウド等を活用したリモート署名が登場して利便性が向上したことと、昨今の新型コロナウイルス対策の一環での印鑑廃止の流れから、徐々に普及し始めています。 これまで慣習的に印鑑が使われてきましたが、訴訟等の際の「強度」は、必ずしも印鑑>リモート署名ではありません。しかしどうしても、従来の慣習に従ってしまう傾向があるので、この機会にリモート署名の利用を拡大し、普及への道筋をつけるのがいいと思います。 まずは定期的な受発注書やグループ企業内での各種契約書など、身近でリスクの小さいところから始め、徐々に拡大していくのがいいと思います。 リモート署名サービスの例 GMO Agree(https://www.gmo-agree.com/) クラウドサイン(https://www.cloudsign.jp/) iTrust(サイバートラスト)(https://www.cybertrust.co.jp/remote-signing/) リモート署名ガイドライン(JT2A) https://www.jnsa.org/result/jt2a/2020/index.html

報告/依頼内容