神子秀雄さんのページ


http://
大手メーカのコンピュータ・システム開発のシステムエンジニアをしていましたが、今は定年退職しています。


投稿したアイディア (3件)

by 神子秀雄さん 将来を見据えた感染予防対策

   
賛1 | 中0 | 反3
2件目 /

今後は、東南アジアやアフリカなどの途上国がさらに発展し、さらなるグローバル化が進むことになります。 そうなると、当然のこととして、細菌やウイルスなどによる感染災害が、今よりも頻繁に発生してしまうことが予想されます。 1年ごと、さらには、1年に複数回、発生してしまうこと... » 詳しく

by 神子秀雄さん 『感染しない』から『感染させない』に発想転換する

 
賛2 | 中0 | 反0
3件目 /

緊急事態宣言の解除後の新生活形態では、3密状態を避けることが前提となっています。しかし、これは言うは易く行い難しです。実際、こういった状態の新生活形態ベースで、安心して子供を学校に行かせることや、安心して通勤ができるとは思えません。また、こういった状態は、収束するま... » 詳しく

by 神子秀雄さん 3密状態でも感染させない感染予防方法

     
賛3 | 中1 | 反1
4件目 /

経済の問題で、緊急事態宣言は解除しなければなりませんが、逆に、そのために、3密状態が避けられない状態での生活が、どうしても避けられないということになります。 したがって、今までは、『3密状態を避ける』という予防対策の発想から、今後は、『3密状態でも感染させない』とい... » 詳しく

お気に入りアイディア (0件)

現在、まだお気に入りがありません。

投稿したコメント (3件)

飲食店に飛沫感染予防シールドの導入

『カーテンのようにシールドを垂れ下げられるようなもの』がさらに安価でレストランなどで備えることができれば
⇒今後、このことは非常に重要なことになると思います。
新型コロナウイルス対策の重要戦略装備品だと思います。
政府は、新型コロナウイルス対策の重要戦略装備品について、品薄となったり、高価とならなないように、先手をうって、安価で潤沢に提供できるように取り組んでいくことが重要だと思います。
次亜塩素酸水やプラズマクラスタによる、空気清浄器についても、政府が先導して効果の検証や、戦略装備品として取り組んでいくことが必要だと思います。

by 神子秀雄さん - 2020/05/18 17:44 問題を報告

『感染しない』から『感染させない』に発想転換する

#001 コメントありがとうございます。
解除後の新生活形態においては、感染率(基本生産数R0)を1.0以下にして、少なくとも新たな感染者数を増やさないようにすることが必要です。
ご承知の通り、緊急事態宣言で感染率が下がったのは、ウイルスの感染力が下がったのではなく、ウイルスが感染できる人間が減ったからです。
したがって。行動抑制が解除されれば、当然、感染できる人間が増えるので、感染率は上がることになります。
そこで、感染率を下げる方法として、今度は、感染力を下げる方法を考える必要があると思います。ひとつの方法として、感染者がウイルスを通さないマスクや手袋をすることによって、感染する確率は確実に下がることになると思います。
直感的には、半分以下になると思うのですが、いかがでしょうか?

by 神子秀雄さん - 2020/05/18 17:10 問題を報告

不要不急という言葉は止めよう

私もコメントさせていただきましたが、収束の見込みのない今後は、3密状態を避けるといったことから、今後は3密状態でも感染させないといった発想が必要だと思います。
不要不急が生活のほとんどですし、今後はそういったこともできるようにしなければならないと思います。

by 神子秀雄さん - 2020/05/14 16:11 問題を報告

高評価コメント(1件)

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

  1. 評価の平均値
    5
    コメント日時
    2020/05/18 17:44
    コメントしたアイディア
    飲食店に飛沫感染予防シールドの導入

    『カーテンのようにシールドを垂れ下げられるようなもの』がさらに安価でレストランなどで備えることができれば
    ⇒今後、このことは非常に重要なことになると思います。
    新型コロナウイルス対策の重要戦略装備品だと思います。
    政府は、新型コロナウイルス対策の重要戦略装備品について、品薄となったり、高価とならなないように、先手をうって、安価で潤沢に提供できるように取り組んでいくことが重要だと思います。
    次亜塩素酸水やプラズマクラスタによる、空気清浄器についても、政府が先導して効果の検証や、戦略装備品として取り組んでいくことが必要だと思います。


 

OpenIDの紐付けしておけば、そのサービス提供会社のアカウント情報でもログインできるようになります。以下のリンクをクリックすると、各社のサイトにジャンプしますので、その画面の指示に従って下さい。