argさんのページ


投稿したアイディア (1件)

by argさん 真の電子図書館を実現しよう(手始めとしての国立国会図書館デジタルコレクションのオープン化)

   
賛12 | 中1 | 反0
2件目 /

「情報」という意味では、「4.働き方や企業活動」「5.健康・医療や介護」にもあてはまりますが、これまで発行されてきた書籍や雑誌の大規模なデジタル化とウェブでの公開を推進しましょう。 すでに指摘されていますが、公共図書館や大学図書館、学校図書館、さらには最後の砦である... » 詳しく

お気に入りアイディア (1件)

by argさん 真の電子図書館を実現しよう(手始めとしての国立国会図書館デジタルコレクションのオープン化)

   
賛12 | 中1 | 反0
4件目 /

「情報」という意味では、「4.働き方や企業活動」「5.健康・医療や介護」にもあてはまりますが、これまで発行されてきた書籍や雑誌の大規模なデジタル化とウェブでの公開を推進しましょう。 すでに指摘されていますが、公共図書館や大学図書館、学校図書館、さらには最後の砦である国立国会図書館も来館利用が休止となっています(saveMLAKの調査では公共図書館の90%が来館利用を停止中:5/6(水)時点)。 しかし、実は、 国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/ には相当数のデジタル化済みの資料があります。権利問題等から、そのすべてがウェブ公開されていません(配信に対応した図書館では館内閲覧可能)。権利者への経済的な補償を行うことを含め、さまざまな対処を考えながら、ここにすでにある財産を活用しませんか。 国立国会図書館デジタルコレクションをオープン化することで、 1.小学校から大学・大学院までの教育や研究のサポート 2.企業等の民間における事業推進や調査・研究のサポート といった効果が見込めるのではないでしょうか。 コロナに対抗していくには科学的な知見の活用は欠かせず、またあらゆる分野でのまなびや調査・研究を止めないことが必要です。たとえば、100年前のスペイン風邪の際の動向を分析することは、これからの我々の行動規範を考えるうえで重要な知見をもたらすかもしれません。そういったあらゆる可能性を拓いていくために、まずは国立国会図書館デジタルコレクションをオープン化すること、そして真の電子図書館を実現することを提案します。 » 詳しく

投稿したコメント (0件)

現在、まだコメントが投稿されていません。

高評価コメント(0件)

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

 

OpenIDの紐付けしておけば、そのサービス提供会社のアカウント情報でもログインできるようになります。以下のリンクをクリックすると、各社のサイトにジャンプしますので、その画面の指示に従って下さい。